季節の情報
秋(その5)・・・ 月形地区
厳しい冷え込みが続いたある日の朝、ピンネシリ・隈根尻山はすっかり雪景色となり、
月形地区も冷たい空気に包まれていました。


ピンネシリ&隈根尻山.jpg
               収穫が終わった水田の向こうに、雪化粧したピンネシリ&待根尻山(左)と隈根尻山(右)
 
学習キャンプ場.jpg 薄氷.jpg
    キャンプ場は木々も葉を落とし、冷たく静寂な空気に
    包まれていました。
      荷物を運ぶ一輪車に溜まっていた雨水に薄氷が
      張っていました。




秋(その4)・・・ 神居尻地区
澄み渡った青空の下、秋深まる神居尻地区の様子をご紹介します。


総合案内所.jpg
             秋の深まりとともに、木々の葉は様々な色合いに変わり、私たちの眼を楽しませてくれます。

 
森林学習センター.jpg
                        奥に見える神居尻山へと続く尾根のダケカンバはもう葉を落とし、冬のたたずまいを見せています。





秋(その3)・・・樹海
朝夕の冷え込みも一段と強まり、日ごとに秋が深まっていきます。
深い緑色のトドマツに混じって、色づいた広葉樹たちが存在感を高めているようです。
奥の峰々にはもう冬の気配が感じられます。

樹海.jpg
                             神居尻山                     ピンネシリ   待根山

秋(その2)・・・ 彩り
朝晩の冷え込みが深まるのは秋の証し。
森の植物たちがカラフルな実を付け、秋を彩ります。

サワフタギ.jpg
▲サワフタギ
マムシグサ.jpg
▲マムシグサ
ツルリンドウ.jpg
▲ツルリンドウ

秋(その1)・・・ 雲
真っ青に澄み渡った空に浮かぶ雲を眺めていると、秋の訪れを感じませんか?

  すじ雲.jpg  
                  神居尻山の上にハケで掃いたような「すじ雲」  


  あみ雲?.jpg  
                 うろこ雲ならぬ「あみ雲?」  

9月11日の神居尻山、リスも冬支度??
9月11日、神居尻山を登山巡視を実施しました
神居尻山頂から、山小屋方面を望む。あと少しで雪景色になりますね。
H29.9.11 神居尻登山巡視  1.jpg

登山道で、シマリスと出会いました。
リスも冬支度に真剣なのか、近づいても逃げずお食事に夢中です(^0^)//
なんと、木の実ではなく、昆虫??を食べていました。リス君も冬に備え体脂肪を蓄えているのでしょうか??
(体脂肪なら、私のを分けてあげるのに……(--)")
2H29.9.11 シマリス 2.jpg

秋の草花が登山の疲れを癒やしてくれますね!
ヤマハハコH29.9.11.jpg
ヤマハハコ
H29.9.11 エゾリンドウ.jpg
エゾリンドウ
H29.9.11 ツルシキミ.jpg
ツルキシミ
H29.9.11 ウメバチソウ.jpg
ウメバチソウ

秋の天候は変わりやすいですね!安全に登山をお楽しみくださいませ!



 
そろそろ、秋の気配...
9月に入ると、北海道はあっという間に秋色に染まります。
道民の森も秋の気配を感じてますよ=(^_^)=
オオカメノキの実が赤く色づいてきましたネ。
29年8月 006オオカメノキの実 ①.jpg

こちらは、秋の森の王様、キノコです。
まるで、メルヘンの世界に入り込んだようです
でも、このキノコは「テングタケ」と言って、毒キノコですよ(*:*)
絶対触らないでくだいネ
テングタケ群生 1.jpg
秋の、あ・し・お・と
朝夕の空気がヒンヤリしてきました。
道民の森にも秋の足音が少しずつ近づいてきています。
秋らしい素晴らしい天気に恵まれますように!

ススキ.jpg テングダケ.jpg 稲穂の向こうに.jpg
   ススキを揺らす風が心地いい(後ろは
   神居尻山)
 おとぎ話の世界みたい・・・(テングダケ:猛毒
 ですので、絶対に食べないでください。)
    色づき始めた稲穂の向こうに神居尻山(左)と
      ピンネシリが霞んで見える(当別町郊外より)

牧場南地区のお花畑
来園された皆様に楽しんでいただけるよう果樹園の跡地にお花畑を整備中ですので、
近況をお知らせします。
また、土・日曜日(10:00~15:00)にはこの地区で収穫したハーブを材料とした
ハーブティ-も用意していますので、是非お楽しみください。

カサブランカ.jpg 秋桜.jpg スカーレット.jpg
      もうすぐ満開(カサブランカ)   まだ一輪だけですが(秋桜)    シラカンバとの対比が絶妙(宿根ロベリア)



夏の、雲と山なみ
青空に浮かぶ白い雲が「夏」を感じさせてくれます。
中央奥が神居尻山(946m)、その右がピンネシリ(1100m)と待根山(1002m)です。

夏の雲と山なみ.jpg

見ごろ、食べごろ、牧場南
道民の森で「隠れた」人気スポットとして知られている(?)牧場南地区です。
なお、ハーブは花の観賞だけでなく、ハーブティーも是非お試しください(土・日曜日の10時~15時)

ハーブの花.jpg ブルーベリー.jpg
   太陽に向かって競うように咲く元気なハーブです。
   このハーブから元気をもらいましょ!
  太陽の光をいっぱい詰め込んだブルーベリーが食べごろです。 
  ※できるだけ多くの皆様に味わっていただきたいので、お持ち
    帰りはご遠慮ください。

ハスカップが食べ頃を迎えました。
北海道ならではの「魅惑の果実」と言われているハスカップ。
牧場南地区に植栽されている数本のハスカップの実が紫色に熟し、
食べ頃を迎えましたので、是非ご賞味してみてください。
 ※できるだけ多くの皆様に味わっていただきたいので、お持ち帰りはご遠慮ください。
また、毎週土・日曜日の午前10時から午後3時までとなりますが、
この地区で栽培しているハーブを使ったハーブティーも是非お試しください。

ハスカップ.jpg
 
気持ちの良い青空が広がりました。
週末が3週続けて雨に見舞われた道民の森でしたが、
今日はとても気持ちの良い初夏の青空が広がっていました。
加えて、木々が作り出したばかり新鮮な酸素がとても爽やかでした。

初夏の青空.jpg ホオノキ幼木.jpg
      初夏の青空&真っ白な雲&飛行機雲     太陽に向かって大きく葉を広げるホオノキの幼木

虫たちの季節がやってきました。
雨の合間の澄み切った青空の下、森の中ではエゾハルゼミが大合唱。
お弁当を食べている傍らにキアゲハが近寄ってきて、羽を休めます。
これから、虫たちとのどんな出逢いが待っているのでしょうか?

エゾハルゼミ.jpg キアゲハ.jpg
    エゾハルゼミの抜け殻
    体長4cmくらいのかわいらしいセミです。
  キアゲハ
  厳しい冬を蛹(さなぎ)で越冬するそうです。

「春紅葉」三題
この23日の暖かさで、道民の森でも「桜」は終わり、今は「春紅葉」が見頃となっています。
秋に気温が下がることによって葉が色付く一般的な紅葉とは異なり、春に新緑が芽吹く時期に見られるのが「春紅葉」。
芽吹いたばかりの葉はまだ葉緑素が少ないため、赤や黄色の色素が目立ち、このように見えるそうです。

春紅葉1.jpg 春紅葉2.jpg
      青山ダム付近の「春紅葉」
   (中央に見える橋は道々28号に架かる鶺鴒(せきれい)橋)
    神居尻地区から望む神居尻山中腹の「春紅葉」
   (一番右のピークは登山道BコースとCコースの合流点)


  春紅葉3.jpg  
      林道青月線から望む「残雪が輝く暑寒の峰々&春紅葉&新緑」
  
 

カレンダー