季節の情報
一番川地区も花盛り
今年のキャンプ場オープンまでもう少しです。
しかしながら、木々や野草たちはオープンを待ちきれず、ご覧のようにたくさんの花を咲かせています。
今年の新プログラム「春の妖精を写そう」をご紹介します。
5種類以上の野草の花をデジカメ又はスマホで撮影し、それを案内所受付で確認を受けると記念品を贈呈します。
詳しくは案内所受付でお尋ねください。

カタクリ.jpg エゾエンゴサク.jpg
    カタクリ(後ろの黄色い花はエゾノリュウキンカ)
 
           エゾエンゴサク
 
ニリンソウ.jpg ミヤマスミレ.jpg
               ニリンソウ
 
             ミヤマスミレ
 
エゾヤマザクラ.jpg キタコブシ.jpg
             エゾヤマザクラ
 
               キタコブシ
 





春、本番(その2)
寒さ厳しい冬から目覚めた生き物たちが「いのち」を輝かせています。
樹木や草花は春の日差しを受けて新葉(芽)を広げ、
虫たちも食べ物を探して忙しく飛び回っています。
道民の森で、こんな生き物たちとのふれあいを楽しんでみませんか?

オオカメノキ(新葉).jpg ツルアジサイ(新葉).jpg
                オオカメノキ
 
               ツルアジサイ
 
コバイケイソウ(芽).jpg マルハナバチ.jpg
              コバイケイソウ?
 
       エゾエンゴサクの蜜を吸うマルハナバチ?
 

道民の森の桜
桜前線が北上中、道民の森の桜が満開です。
5月12日(土)撮影
 桜(デイキャンプ場20180512_151457.jpg     桜(林間220180512_152152.jpg   
 神居尻地区 デイキャンプ場  桜のバックに神居尻山
桜(鯉の池20180512_152306.jpg 桜(林間20180512_151748.jpg
 5月12日が見頃……、   来週まで咲いてくれているかな(-.-)~

この時期見逃せない、暑寒連山の景色!
この時期は見逃せない、道民の森から望む暑寒連山! ちょっと、春霞でかすんで見えますが、とっても素晴らしい景色です!
山の残雪が解けて、少しづつ姿を変えていきます。
道民の森の水源の森から。
暑寒(水下の森20180512_153752.jpg


春の花見の季節
神居尻地区にて
 シラネアオイ20180512_150555.jpg   カタクリ・エゾエンゴサク20180512_145840.jpg
 草花の女王 シラネアオイ  春一番を告げる カタクリとエゾエンゴサクの群生
ヒメイチゲ20180512_142702.jpg ミズバショウ(湿性植物20180512_152604.jpg
 凜と咲く、ヒメイチゲ                                               白と黄色のコントラスト ミズバショウとエゾリュウキンカ   
   
 
春、本番・・・月形地区
先のゴールデンウィークはやや肌寒かったものの、それほど雨の影響はなく、
多くの皆様に道民の森へおいでいただくことができました。ありがとうございました。

札幌の街中では桜もほぼ散り終わって少し寂しい状況ですが、
月形地区の手前にある集落では、今桜が満開となりました。
さらに、沢筋ではエゾノリュウキンカ(ヤチブキ)の花が黄金色に輝き、
温み始めた水の中でエゾサンショウウオの子ども達が旅立ちを待っています。
いよいよ、春、本番を迎えます。

桜2.jpg ヤチブキ.jpg
           エゾノリュウキンカ(ヤチブキ)
エゾサンショウウオ(卵塊).jpg
           満開の桜             エゾサンショウウオ(卵塊)


カレンダー