お知らせ
水源の森「はるにれの樹」の愛称が決まりました。
2020年01月15日
神居尻地区で進められている水源の森づくりのシンボルツリーとしての
「はるにれの樹」(右写真)の愛称を募集しておりましたいたところ、
多くの方々からすてきな作品をご応募いただき、ありがとうございました。
過日、当別町内で選考委員会を開催しました。
この「はるにれの樹」に託す思いや願いは様々であって、バラエティ豊かな
作品が揃い、選考委員の方も頭を悩ませておられましたが、選考の結果、
入選作品が次のとおり決まりましたのでご紹介します。
なお、入選作品を含めた全応募作品も紹介しておりますので、是非ご覧
ください。
ハルニレ(HP用).jpg
 
 ■作品応募状況はこちら
 ■全応募作品はこちら
 ■選考委員名簿はこちら
  ■入選作品
   金メダル.jpg 最優秀賞(採用作品)     受賞者名:松 尾 悠 理 さん(札幌市手稲区)
「はるにれの樹」の愛称  ハポニレの樹
愛称に込めた思い・願い  ハポ=母(アイヌ語) 母のようにこの森を見守ってくれるように。

      銀メダル.jpg  佳 作       受賞者名:福 田 房 夫 さん(栃木県宇都宮市)
「はるにれの樹」の愛称  希望のにれ 
愛称に込めた思い・願い   いつまでも緑を絶やさず、豊かに元気に育ってほしいとの思いを込めた。
 
   銀メダル.jpg 佳 作     受賞者名:早 苗 義 一 さん(札幌市手稲区)
「はるにれの樹」の愛称  ハポエルム
愛称に込めた思い・願い  ハポはアイヌ語で母を指します。はるにれは、英語でエルムを指します。水源の森の母と
 なるように願いを込めました。